中華の料理撮影

中華の某先生による食品カタログの料理撮影です。

キッチンスタジオにて撮影をしました。中華のレトルトパックになった物が商品になるので、フードスタイリストさんが綺麗にお皿に盛りつけをしての撮影になります。

撮影当日にキッチンスタジオへ大量のレトルトパックが送られます。キッチンスタジオには大型の冷凍•冷蔵庫があるので料理撮影スペース以外にもこういった仕様がとても大事ですね。

カタログ•パッケージの料理撮影になると1カットにつき結構な時間を要して料理撮影をする事が多いです。今回は1カットにつき1時間ぐらいでしょうか。作り込んでの撮影ですね。

撮影が終わって中華のレトルトパックを大量に頂きました。とても美味しかったです。ご馳走さまでした!

003 010

長崎県の素材を活かした料理撮影

長崎県の素材を活かした料理撮影です。

フードスタイリストさんと限られた少ない時間の中で撮影してきました。これから桜の季節という事もあり、焼酎に桜を浮かべる素敵な演出もありました。自分はお酒が苦手なのですが、焼酎に鮮やかな色が入ると美味しそうですね。。

氷を入れたグラスの料理撮影では、氷に見せた透明のアクリルを入れて撮影するのですが、今回は本物の氷で撮影です。時間が経ちすぎると氷が溶けてしまうので、これも撮影スピードが大事です。

あと焼き魚の写真は、かますという魚です。照りの旨みと表面の焼かれた香ばしさが伝わればと思い、かますの頭に照りが入るようライティングしました。

0018 0026 0034 0059